モテるための会話トレーニング方法とは?

 

田谷さんよろしくお願いします。

 

今回は、モテるための会話の

トレーニング方法について

話していこうと思います。

 

僕はモテるためには会話を

トレーニングするのが一番

いいんじゃないかなと思いますね。

 

例えば、ホストクラブとか見て

もらったらわかるんですけど、

一番イケメンがナンバーワンに

なってない所の方が多いんですね。

 

これなんでなのかっていうと、

ナンバーワンの人って喋れる能力が

高いんですね。



会話が面白いから顔が三枚目で

あってもホストクラブでナンバー

ワンになれるっていうのは証明

されてるんですね。

 

だからモテたい場合は、あなたは

喋れる人なのかっていうのが物凄く

大事になってくるんですね。

 

その喋り、会話が上達するトレーニング

方法っていうのを今回はお伝えしようかな

と思います。

 

会話を上達させるためのコツは、

聞くことですね。

 

あなたにも同性の友達がいると思うので、

その友達と会話しているときに、いかに

あなたが聞くことができるか意識して

ください。

 

聞いて答えることがすごく会話を上達

させられるトレーニングになるんですね。

 

もちろん、女の子相手に話を聞いて、

答えるトレーニングを積めれたら一番

いいんですけど。

 

相手の話を聞いた上で話を膨らませる

ことができるようにトレーニングして

ください。

 

この会話のトレーニングを積んで行くと、

女性と会話していて、相手にすごく話を

聞いてもらえたと感じてもらえるように

なるんですね。

 

要は聞き上手になることがモテる近道で、

そのためのトレーニングなんですね。

 

次々に女性が話しやすい環境を整える。

会話の雰囲気をそういう相手が話しやすい

風に持って行く会話の技術を身につけよう

ってことですかね。

 

そうです。その女性が話しやすい環境を

作れるようになるために先ほどの会話の

トレーニングを積んで行く必要があるん

ですね。

 

で、話を聞いて行くうちに女性はどこを

特に聞いて欲しいのかわかるようになら

ないとダメなんですね。



会話の最中に女性のトーンが変わったり

したところをつついていけるような男が

モテるんですね。

 

女性は会話で相手と同じ時間、

同じ感情を共有したい生き物

なんです。

 

だから女性が怒ってるときはあなた

も怒ってるような感じで聞く必要が

あって、

 

女性が楽しそうに話してる時は

あなたも楽しそうに聞くことが

大事です。女性は共感が欲しいので。

 

どれだけ女性との会話で同じ感情を

共有できるかがモテる上では鍵となり

ます。

 

女性がこの人も同じ感情で話を聞いて

くれてるんだと感じる程度まで会話の

レベルをトレーニングで高めないと

モテないですね。

 

好きな女性を前にすると

自分の話ばっかりしてしまう人って

めちゃくちゃ多いんですよ。

 

アピールしなきゃって思うとそう

なってしまいやすいですよね。

 

以前の動画でも言いましたけど、

アピールって1ミリも意味がない

ですね。

 

だから会話できく練習からして行く

必要があるんですけど、

 

これ元々おしゃべりな人からすると

ストレス溜まってくるんですけど、

だからこそトレーニングする意味が

あります。

 

このトレーニングでストレスがたまる

人は自分のことを話すことの方が多かった

と思わざるを得ないので、

 

しっかりトレーニングを積んでいって

ください。

 

要は聞き上手になるために会話の

中でトレーニングしていって、

 

声のトーンとか、表情とかで、女性

の気持ちを察して、

 

あなたも声のトーンや表情を女性に

合わせて共感を示すようにして

いけるようになりましょう

ということですね。

 

そういうことです。

 

はい、では椎名さん今回もお話し

ありがとうございました。

24年間童貞の根暗。介護士として働き始めてから誰にも看取られる事なく亡くなっていったおじいさんを見て、このままではセックスも結婚も出来ず、寂しい人生になると危機感を抱き一念発起。 職場で一番モテる派遣のおじさんに恋愛テクニックを教えて貰い、職場の美人の先輩を見事口説き落とす。 その経験を生かしブログで恋愛経験0の童貞からでも、セフレや彼女を作れるようになるために必要な情報を日々発信している。 今ではツイッターを駆使してセフレや女友達を増やし続けている一人前の出会い厨。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ