出会い系サイトで一番最初にするべき最も重要な事とは?

 

では田谷さんよろしくお願いします。

 

よろしくお願いします。今回は出会い系

サイトで一番最初にするべき最も重要な

事とは?というテーマでお話ししていこう

と思います。

 

そうですね、女性と出会えるように

なるには色々しないといけないこと

があると思うんですけど、

 

田谷さんは出会い系サイトでは

どんな事に気を付けてますか?



僕は出会い系サイトで一番初めに

することが一番重要だと思ってるので、

僕は写真に気を遣ってますね。

 

その上でプロフィールに力を入れてます。

具体的には、あなたのキャラクターを

プロフィールを見た女性が想像できる

ような事を書いていきます。

 

例えば、性格がいいとよく言われます

とか、そういう風に書くんじゃなくて、

 

親戚の子とよく遊びますっていう風に

書くだけで、子供が好きな人なのかな

って女性が勝手に想像してくれるプロフィール

になります。

 

そういう風に女性があなたのキャラを

想像しやすくなるプロフィールを書いて

いくことを僕は意識していますね。

 

そうですね。僕もプロフィールが一番

重要だと思ってます。

 

これを適当に済ませてしまっている

人がすごく多いです。

 

1日2日としっかり時間をかけて

あなたをどういう風に知ってもらう

のか、それが一番重要です。

 

あと写真も結構適当に撮ってる人

すごく多くて、これは友達とかでも

いいですけど、できればプロの人に

撮ってもらうのが一番いいです。

 

光の加減とか、SNOWとか修正できる

ものいっぱいあるので、いかにイケメン

に見せるかっていうのは綺麗事抜きに

大事になってくるポイントです。

 

とにかく写真だったらいくらでも

加工してイケメンになれるので、

ベストを尽くしてほしいです。

 

SNOWとかで耳つける人いる

じゃないですか。ああいう装飾

するのはどうなんですか?

 

あれは男の人はやらなくていいと

思います。

 

割と男でも耳つけたり装飾してる

人見かけるのでどうなのかなと。

 

僕はあまり女性にとって好みの

別れることはしないほうがいい

かなと思いますね。

 

そういう装飾した写真が強烈に

刺さる人には刺さるんでしょうけど、

 

プロフィール画像に関しては幅広く

ウケるように、パイを広く取れる

ようにそれよりは無難にした方が

いいかなと思います。

 

僕はそういうのはあまりしないほうが

いいかなと思いますね。

 

男がそういう耳つけて嬉しいような

女の子、そういう子があなたにとって

好みなら狙ってプロフィール画像に

するのはアリですけどね。

 

ターゲットを限定する狙いがある

場合は全然OKってことですね。

 

複数の出会い系サイトやアプリを

運用するじゃないですか。

 

複数の時も写真は同じの使い回して

も全然いいんですけど、

 

別の写真用意してそれぞれどちらが

より女性からの反応がいいかテスト

した方がいいですね。(ABテスト)

 

より女性の反応率の高い写真を使う

ようにしていくわけですね。

 

AとBの写真を用意して、Bの写真の

方が女性ウケが良かったらBを使って

いくと、そうやって検証を繰り返して

いくと出会える確率がみるみる上がりますね。

 

 

ABテストは僕よくやりますね。

データ取りながらしていけば

いいと思います。

 

ABテストは記録つけない人に

とってめんどくさい作業には

なるんですけど、

 

やる人とやらない人で一番差が

つくところなので是非やってほしい

ですね。

 

なんせプロフィールは手を抜いてる

ライバルがすごく多いので、そこで

差を付けるとチャンスが転がってき

ます。

 

是非、やって見てください。

 

では、椎名さん今回もお話しあり

がとうございました。

24年間童貞の根暗。介護士として働き始めてから誰にも看取られる事なく亡くなっていったおじいさんを見て、このままではセックスも結婚も出来ず、寂しい人生になると危機感を抱き一念発起。 職場で一番モテる派遣のおじさんに恋愛テクニックを教えて貰い、職場の美人の先輩を見事口説き落とす。 その経験を生かしブログで恋愛経験0の童貞からでも、セフレや彼女を作れるようになるために必要な情報を日々発信している。 今ではツイッターを駆使してセフレや女友達を増やし続けている一人前の出会い厨。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ