恋愛に活用できる男女の考え方の違いとは?

男女の恋愛における考え方の違い

は知っておいて損はありません。

 

男女の考え方の決定的な違いを

理解することで、

 

 

彼女とのトラ ブルを避けることが

できますし、

 

 

交際相手がいない男性は、

これから付き合いたい女性を落とす

時の役に立つでしょう。

 

心理学や脳科学の分野において、

男性と女性では、脳の構造には

異なる特徴があることが明らか

になっています。

 

具体的に言うと、男女の脳の

構造の違いにより、

 

 

男女で思考のパターン、行動原理など、

さまざまなことに違いが生ま れる

ということです。

 

 

それを十分に理解しないと、知らず

知らずのうちに付き合っている女性

との間に溝が深まっている、という

こともあるかもしれません。

 

 

あなたも、付き合っている女性や

気になっている女性の言動が理解

できなかったり、

 

 

自 分が言ったちょっとした言葉に

過剰反応されて、

 

 

「なん でこんなに怒るんだろう?」

と不思議に思う経験をしたことが

あるかと思います。

でも男女の脳の構造、働きの違いを

知ることで、

 

 

そのようなどうしても理解できない女性の

行動、考え方を知り、無用な喧嘩を避ける

ことができるのです。

 

 

今回は、脳の違いからくる男女の

考え方の違いを書いていきます。

 

ぜひ、あなたの恋愛の参考に

していただければと思います。

 

男性は論理の生き物、女性は感情 の生き物

根本的には、男性は論理性、

女性は感情に基づいて行動する

と言われています。

 

つまり、男性の脳は、論理性を

重要視しており、女性の脳は

感情に重きを置いているという

ことです。

 

そのため、男性の行動はすべて

大なり小なり、「目的」 という

ものに志向性を持つのです。

 

一方女性は、どんな行動にも

「共感」が大きなモチベー ション

となっています。

 

 

これは、人類が、進化の過程に

おいて培ってきた本能 であり、

現代の私たちの世代でも変わる

ことはありません。

 

私たちの祖先が狩猟をして生活して

いた頃から、遺伝 子情報として

受け継いでいるのです。

 

 

男性の考え方が目的志向なのは、

命がけで行う狩猟の際、 効率的に

獲物を捕らえることが必要だった

ためと言われています。

 

 

目的を効率よく達成するために、

いつどこで誰が何をす ればいい

のかという風に、論理を組み立てる

考え方が発達したということです。

 

なので、目的のため実行し、

そして果たすため、 男性は

コミュニケーションをとること

を好む傾向があるというわけです。

 

 

それに対して女性は、獲物からいつ

襲われるかわから ないため、常に

周囲と頻繁に会話をしてお互いの存在

を確認し合っていました。

 

そのため、女性にとっては

コミュニケーションに目的はなく、

コミュニケーション自体が一つの目的

であったという見方もできます。

 

 

また、自分たちの住居の周辺で食料の

採集を行った り、衣服を作ったり、

料理をしたり、子供の世話をしたり

していたため、

 

 

コミュニティ内での協調性が非常に重要

だったのです。

 

女性は、人の表情から本音を読み取る

能力が、男性よ りも20倍以上も高い

ことがわかっています。

 

 

他者との関係性がとても大切な要素

だったために、表情を読み取る能力が

発達したと考えられています。

 

論理と感情という、相反するものが

行動の根底にあるのだとしたら、

 

 

お互いの言動に違和感を覚えたり、

そうしても理解できない瞬間が

あるのは当然です。

 

 

女性からすると、男性がいつも理詰めに

物事を語ると冷たい印象を受けるかも

しれませんし、

 

 

男性は、女性の感情的な言動にうんざり

してしまうことがあるかもし れません。

 

 

まずは、この男女の決定的な違いを、

理解しておきましょう。

 

会話する意味も男女によって異なる

 

男女の考え方の違いは、会話に

決定的に現れます。

 

 

男性は会話にもある種の「目的」

を持って行います。

 

 

そのため、男性が話しているとき、

そこには要点がしっ かりあり、

相手にその内容を伝える、という

明確な目的 があります。

 

 

一方女性にとっては、話すこと自体が

親密さを保つためのものであるため、

 

 

会話をしている最中も「目的」や

「明確に伝えたい こと」があるわけ

ではありません。

 

 

そのため、脈絡なく会話があっちに

行ったりこっちに行 ったり迂回して、

 

 

男性にすれば、要点が何かをつかめ

ないままストレスを感じる、という

状況が生まれます。

 

 

ビジネスの世界では、男性の発言が

圧倒的に目立ちます。

 

 

これは、職場の中、特に会議中の時

などで、恋愛がうまくいくために

 

 

「陳述」や「報告」を行い、会話の

目的を構築するのは、 男性の方が

適しているからです。

 

 

その一方で、家庭内での会話は

というと、男性はじっと黙ったまま、

女性が一人で話し続けている

 

 

というよう な状況は、よくある

家族の光景ではないでしょうか。

 

 

女性が何かを話をするときは、

自分の話に感情移入してもらい、

共感してほしいだけなのです。

 

 

例えば、女性が、その日に起こった

出来事をパートナー に伝えるとします。

 

 

それに対して男性は、

「そういう時はこうするべきだっ た、

こう言えばよかったんじゃない?」

 

などと、アドバイスを返す、という

ことはよくあることだ と思います。

 

男性にとっての会話には目的が

常にあります。

 

 

ですから、ただ話すという行為に

欲求がある女性の心理を理解でき

ないのです。

 

 

そのため、女性が何か話した時に

「これは何かアドバイ スをあげなくては、

僕に助けを求めているのでは」

と思ってしまうのです。

 

 

女性からしたら、ただうんうん、と

自分の感情に寄り添って聞いてくれる

ことを求めているのです。

 

 

アドバイスをもらった女性は、自分の

感情に共感を得ら れなかったと感じ、

すれ違いを感じます。

 

 

男性側からすると、アドバイスを

与えたのにあまりありがたく受け

取られなかったことで、

 

 

自分の意見が尊重さ れていない、

ゆえに自分の存在が軽んじられている、

という気にすらなってしまいます。

 

 

こうしたすれ違いを防ぐためにも、

男性と女性の思考パターンをしっかり

理解することが大切です。

 

 

恐れているものも男女で異なる

男性にとっては「何かを自分でやり遂げること」

が、自らの存在の証明になっています。

 

先にも述べた通り、全ての行為には、

目的への志向性を持つからです。

 

 

狩猟時代から、獲物を仕留めることが、

男性の役割で した。

 

 

途中で仕事が失敗してしまったり、

何かを解決できぬまま終えることは、

 

 

男性にとっては能力を証明できなかった

ということになるのです。

 

 

なので、目的が達せられなかったときに、

「挫折」を味 わうことを、男性は恐れます。

 

 

そのことを理解していないと、女性の

何気ない一言 が、男性を無意識のうち

に傷つけてしまうことがありま す。

何かに対して一生懸命頑張っている

男性に、もう諦めることを勧めて

しまったら、どうでしょう。

 

 

女性は、本人のためを思い、言った

言葉かもしれませ んが、

 

 

男性は、自分の力が及ばなかった、

という「挫 折」を感じてしまうのです。

 

 

女性からすると「そんなことで傷つくの?」

ということかもしれませんが、

 

 

もし女性から自分の取り組んでいる

ことを諦めることを提案されたとして

も、忍耐を持って対応することが重要

です。

 

 

それで、それに対して女性は、

「拒絶される」ということを

恐れています。

 

 

女性にとっての最大の悩みになるのは、

人間関係が圧倒的に多いです。

 

 

女性にとって人間関係というものは

生きていく上でとても多きな比重を

占めています。

 

 

よって、「人から拒絶さ れること」

を極度に恐れているのです。

 

細かな感情には鈍感な男性に、

少し冷たい態度を取られると、

自分の存在が拒絶されたかのような

心境に陥ってしまうのです。

 

 

男性は挫折を恐れるのに対し、

女性は拒否されることを恐れる

抑えておきましょう。

 

 

ホルモンの影響による男女の違い

 

脳には、ホルモン分泌という

大きな働きがあります。

 

 

女性には生理周期があり、その周期に

よってホルモンの量が増減します。

 

 

ホルモン量が不安定であるという

ことは、気分や脳の働きにも影響します。

 

 

生理前になると気分や食欲、味覚や

嗅覚、触覚、聴覚 などの五感も変化します。

 

 

女性の中には、PMS、いわゆる

月経前症候群がとても深刻な方もいて、

 

 

生理前と後ではまるで別人格のよう

になってしまうこともあるのです。

 

 

一方男性にはこうした体の働きや

ホルモンに周期はありません。

 

 

気分のムラはありますが、

それらはすべて外的要因によるものです。

 

一流のレストランのシェフに

男性が多いのも、ホルモ ン周期が

ないために味覚が一定で、

 

 

お店で毎回正確に、同じ味を再現する

ことができるためです。

 

 

女性にはホルモン周期があるため、

気分が常に一定で はありません。

 

 

生理前にイライラしているときは、

付き合っている男性に対して

理不尽なことで怒ってしまったり、

 

 

不機嫌な態度になっ てしまい

そうだな、と感じたときには、

一人で静かに過 ごす時間を

持ってみましょう。

 

 

そして、男性にとっては、一生体験

できないことですから、

 

 

生理前のつらさを、完全に体感覚に

落とし込むことはできません。

 

 

女性がつらい思いをしていることを

まず理解し、いたわり、温かく

見守る姿勢が大切になります。

 

仕事に集中する男性、過去を引っ張り出す女性

 

これまで述べてきましたとおり、

男性と女性の考え方の違いの特徴としては、

 

 

男性は、空間認識に優れ、物事を

論理的に思考したり、分析したり

することに優れているとわかります。

 

 

対して、女性は、言語能力が高く、

周囲との協調を図りながら円滑な

コミュニケーションを築くことが

うまいとい うことがわかります。

 

 

これには明確な要因があります。

女性の脳は左脳と右脳を連絡させる

経路である「脳梁」が男性の50倍

も太いのです。

 

 

つまり、女性は脳の左半球

(言語、計算などの処理を司る)と右半球

(感情、直感、感覚)を連絡する情報が男性

に比べて圧倒的に多いということです。

 

左右の脳が頻繁に連絡するということは、

例えば、右脳で生まれる感覚的なものや

感情を、左脳が司る言語としてアウトプット

することが上手ということです。

 

 

そのため、女性はケンカをすると、

「4年前の◯◯のと きもそうだったけど」

などと、過去の記憶をとっさにひっ ぱり

出してきてしまうのです。

 

 

ケンカのたびに過去の出来事を

ひっぱり出されることは、男性に

とってはとてもストレスになります。

 

 

男性側からすると、

「今回のケンカには無関係な過去の

出来事をいつまでいつまで言って

いるんだ、毎回昔のことを言われる

なんてウンザリだ」となります。

 

実は男性は、脳梁が女性に比べると

50 分の1の太さしかありません。

 

そのため、右脳と左脳の情報が

入ったり来たりしない分、

 

 

男性の集中力は女性の50倍、

ということになります。

 

 

女性が、失恋をした直後や、ケンカを

しているとき、仕 事中もモヤモヤして

しまうのに対して、

 

 

男性はどんな状 況にいても、仕事中は、

仕事のことに集中することがで きます。

 

 

男性の脳が仕事モードに入っている

ときに、自分のことが目に入って

いないような様子を見て、

 

 

女性が不安に 思ってしまうことが

あるのも、このためなのです。

 

 

そのため、「仕事と私、どっちが大事なの?」

と女性がよく口にする言葉は、

 

 

男性にとっては理解できないと同時に、

すごく重荷になってしまうのです。

 

この、男女の脳の決定的な違いを

知ることで、女性を受け入れる

包容力が身につき、お互いを尊重

できるようになります。

 

男性と女性の考え方の違い、

行動パターンの違いは、

多くの方が常々感じている

ことだと思います。

 

 

男性と女性には、こんなにも考え方

に違いがあるがゆえに、

 

 

お互いにない部分を補完し合うことが

大切なこともおわ かりいただけたと思います。

 

 

今回は、脳の機能の違いに焦点を

当てて、男女が相反するパターンを

ご紹介しました。

 

 

このように明確に両者は異なるので、

それを現実として受け入れ、乗り

越えることが、

 

 

女性と付き合った時、長続きする

のに役立ってきます。

 

今回お伝えいたしましたことが、

少しでも、あなたの恋愛に役立った

ら幸いです。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

では、また明日(^ ^)

 

 

◯◯は人と人をつなぐ接着剤。恋愛に活かせる心理効果とは?

24年間童貞の根暗。介護士として働き始めてから誰にも看取られる事なく亡くなっていったおじいさんを見て、このままではセックスも結婚も出来ず、寂しい人生になると危機感を抱き一念発起。 職場で一番モテる派遣のおじさんに恋愛テクニックを教えて貰い、職場の美人の先輩を見事口説き落とす。 その経験を生かしブログで恋愛経験0の童貞からでも、セフレや彼女を作れるようになるために必要な情報を日々発信している。 今ではツイッターを駆使してセフレや女友達を増やし続けている一人前の出会い厨。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ