前回の続き・・・童貞が彼女を作るにはどうすればいいか?

前回記事

「今年中に彼女ができない場合はチンコ切り落とす」と言われたらどうするべきか?

 

女の子との出会いの場を確保した

後は、どう女の子と接するべきか

というのが問題になる。

 

 

これもなかなか難しい問題でしょう。

場数を踏めば慣れるよ!みたいなこと

を言いましたが、「そうは言っても…」

と積極的になれない人もいるので。

 

 

まあ、そういう場合は、バイト

とか仕事の関係で強制的に

話さなきゃいけない状況

に身を置くことが一番だと思います。

 

 

「あっあっ」って言っちゃうのは

仕方ない。そこから行動して改善

していくことが大事なのです。

 

 

とりあえず、「僕はコミュ障なので

女と話すのとか無理です」とか思い

混んでる人も、

 

 

「女っていうのは◯◯だから◯◯

すればいい」みたいな方法論を

軸に行動する人も、

 

 

ある観念とか前提があってそこから

演繹するような形で人間を捉えるの

はよくないです。

 

 

程度の問題かもしれませんが。

 

 

女の人と話すときも、コミュニ

ケーションだということを意識

すればそんなに大きく間違えたり

しないはずです。

 

 

まあ、相手は自分をどう思っている

んだろう、という問いかけを続ける

のはなかなかつらいことでは

あります。

 

 

ただ、普通にコミュニケーション

をとろうとするだけじゃ可愛い

女の子とは付き合えないのも

また事実です。

 

 

皆がその女の子を狙っていると

すれば、まともなこととか普通

のことをしているだけじゃあ運が

良くないかぎり仲良くなれないのです。

 

 

基本的に、恋愛について統一理論を

つくるのは難しいです。

 

 

理論がある程度以上通用しない

からこそ、こうやって毎日生の

情報を書いているのかもしれない。

 

 

結局は内省的にしか語れないんじゃ

ないかって気もします。

 

 

あらゆる人に会えるわけじゃないし、

誰しもが特定の社会基盤とか文化様式

の上に成り立ってるわけだから、

 

 

モテる方法がどうこうって言う

人の中には、それはただスクリ

ーニングかけてるだけじゃない?

と思うことを言っている人が多いです。

 

 

特定の◯◯さんが好きだ、と思った

ときにどうすればいいのか、という

問題には、結局は色々と悩んだり

迷ったりするしかないと思います。

 

 

まあググったり本を漁ったりすれば

ヒントくらいは書いてあるし、私に

コメントすれば方法の1つくらいは

返ってきます。

 

 

最も重要なことは何か?

個人的にアドバイスできることは、

非常に月並みな考えかもしれない

けど、ある女性と落とそうとした

ときに、

 

 

前提条件として「あなたのことが

好きですよ、というメッセージを

相手に伝える」ことだと思います。

 

 

文字通り受け取っていきなり

告白とかしないでくださいよ。

 

 

恋愛ゲームとかでよくあるのは、

相手が自分に抱く好感度が数値化

される、みたいなやつですよね。

 

 

当たり前だけど人間はそんなに

単純じゃないです。

 

 

気持ちなんてフワフワして

つかみどころがないもの

だけど、それでも100%

勝つ気でやるしかないのです。

 

 

相手が自分をどう思っているか

はわからない。

 

 

でも、「自分がどれだけ相手の

ことが好きだと相手に認識され

ているか」は、

 

 

ある意味で量的なものだと考えて

しまうことができるんじゃないか

と思います。

 

 

つまり、

「あ、この人私のこと好きなんだ!」

とどれだけ思われるか、

ということです。

 

 

まずはその

「僕はあなたのことが好きですゲージ」

を一定量貯めることから始まる。

 

 

その後は、スタンスを変えてみるとか、

あえて一度距離を空けて揺さぶってみる

とか、

 

 

そういった種類の駆け引きとか

テクニックが有効になります。

 

 

だから、まずはゲージを貯めること

が重要なのではないかと思います。

 

 

じゃあどうやって貯めればいいのか?

というと、そこが一番難しいところで、

あなたはそこに頭を悩ませるべきなの

だと思います。

 

 

女の子からすれば

「嫌な相手にいくら好かれても嫌なだけ」

と言うでしょう。

 

 

当たり前ですね。

 

 

ゲージを貯めてる間に相手から

拒否されればゲームオーバー。

 

 

もちろん、「あなたのことが好きです」

なんて直球に言うとたいていは

引かれます。

 

 

周囲の状況とか空気をうまく読み

ながら、ちょっとした仕草とか

言葉尻で、あるいは冗談を交えたり

して、

 

 

「僕はあなたに好意を持っています。」

ということを少しずつ伝えなくて

はいけません。

 

 

決定的なタイミング(告白)の

前に、相手が「それはちょっと……」

と思うような過剰な行動をしては

いけないのです。

 

 

草食系男子だと思ってたやつに

急にオラつかれたら冷めません?

 

 

普段生活していて、これをやるのが

なかなかに難しいことは言うまで

もないでしょう。

 

 

頭を使わないといけないし、

面倒くさい。

 

 

方法論やマニュアルでは対処し

きれないし、居たたまれない

思いをすることもあるでしょう。

 

 

でも一般に言われてるような

「恋愛」の基本ってこれだと

思うんですよね。

 

 

だから大変なんです。

 

 

「僕は君のことが好きだよ」という

意味のことをさらっとできる男性は

めちゃくちゃモテるんだけど、

 

 

そういうのは場数を踏んでない

と身につかないです。

 

 

あと、「チャラい」というのも、

あえて言葉を軽くすることに

よって相手に好意を伝えやすく

する一つの手法ですから、

 

 

あれはあれでかなり合理性が

あるのです。

 

 

僕も「君かわうぃーね!」とか

可愛い女の子に言ってみたいものです。

 

 

ちなみに、好意を伝えると言っても、

女性が「この人私のこと好きなんだ……///」

と認識さえすればいいので、

 

 

本人が相手のことを好いている

必要は必ずしもありません。

 

 

だから就職活動みたいに、

特にそれほど好きじゃなくても、

好意を示してみてものにする、

ということだってできます。

 

 

場数を踏めば手法として身につくから、

そういうのが得意な男性もいます。

 

 

彼女を作りたいなら恋愛に熱くなる

 

結局これなんじゃないかと思います。

 

 

ここまで見て、「恋愛ってめんどくさい

なあ。もうゲームやってればいいや。」

って思った人は少なくないと思います。

たしかに、面倒くさい。

 

 

バイトや習い事で出会いを

確保して、SNSで趣味の合う

人を探し、ナンパでメンタルを

鍛えながら女慣れしていく。

 

 

皆にフレンドリーに接して

ネットワークを広げていく。

 

 

そして、好きな女の子ができたら、

頭と時間を使って真摯にアプローチ

しなければいけない。

 

 

でも、ここまで真面目にやれば

スペックとか関係なく可愛い

女の子を彼女にできる確率は

高くなると思いません?

 

 

結局めんどくさいからと言って

やらないから彼女ができないの

ですよ。

 

昔、某有名司会者があるテレビ

番組で、

 

 

「将来、もしかしたら可愛い女の子

と付き合えることがあるかもしれない。

そういう可能性があるというだけで、

俺達はまだ将来に希望を持てるんや。」

 

 

みたいなことを言っていたのを

聞いて、当時私はたいそう納得

しました。

 

 

少年誌や青年誌やアニメやライト

ノベルだって

 

 

「可愛い女の子」とか

「理想の女の子」

 

を一つの大きな価値として据えています。

 

 

そのメッセージを素直に受け取れば、

私たち男の子は可愛い女の子と付き合う

ために勉強し、お金を稼ぎ、努力するべき

だということになると気付けるはず。

 

 

立派な職業に就いて稼ぐことより、

気の合う優しいお嫁さんと慎まし

やかな生活を送ったほうが私は

幸せだと思います。

 

 

学歴とか職業とかルックスに

コンプレックスがあって彼女が

作りづらいと思ってる人でも、

 

 

そういう自分を好きになってくれる

からこそいい女なんだよ!って考え方

も十分成り立つはずです。

 

 

そんなことを考えれば、半年くらい

死ぬ気で努力してみたってまったく

無駄じゃないのではないかと私は

思います。
と言うわけで、このブログを読み

終わった瞬間すぐにスマホをポケット

にしまって、

 

 

松岡修造ばりの気合で彼女をつくる

ために外に駆け出すべきなんじゃ

ないでしょうか。もっと熱くなるべき

じゃないでしょうか。

 

 

私はそう思います。

 

 

では、この辺で終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ