「目がよく合うと両思いである」は本当なのか?

恋愛に噂はつきものですが、世の中

にはまことしやかに流れている噂が

たくさんあります。

 

 

たとえば、「目がよく合うと両思いである。」

という噂。

 

 

ハッキリ言ってしまうと、

これは間違いです。

 

 

そもそも女性は男性に比べて、

相手の目を見て話す傾向があります。

 

 

これは古代社会より、男性より

女性は猟に出ず、村で留守を

守るため、

 

 

男性より相手とコミュニケーション

をとる機会が多かったからだと

言われています。

 

 

それでなくても、女性は男性

よりよく相手の顔を見ます。

 

 

だから、「女性とよく目が合う

のは両思いである」

 

 

というのは、根拠がなくこれを

判断基準にして相手の好意を

はかるのは不毛だということを

覚えておいてください。

 

 

そもそも脈ありとか脈なしとか関係ない

 

そもそも女性があなたに脈あり

か脈なしかは大きな問題では

ないということに気づいて欲しいです。

 

 

あなたはせっかく好きになった女性が

自分のことを興味ないというそれだけ

の理由で諦めるのでしょうか?

 

 

そんなことありませんよね?

 

 

諦めたくないですよね?

 

 

モテる男は脈ありだろうが脈なし

だろうが、狙った女性を彼女にする

ためにどうしたらいいのか?と考え

 

 

自分から状況を変えるために行動

していきます。

 

 

女性が自分のことを脈ありか

脈なしかで一喜一憂なんて無駄

なことはいちいちしないのです。

 

 

あなたも「好きな女性からどう

思われているかではなく、好きな

女性を落としに行くマインド」

持つようにしていきましょう。

 

 

では、好きな女性を落としに行く

マインドを持った上で、どうすれば

いいかというと

 

 

これは女性の好みをリサーチする事

が重要となります。

 

 

女性の本音を引き出してリサーチする

「具体的に女性が好きな男性がいる場合、

なんで、女性はその男性が好きなのか?」

 

「女性が、男性を好きになるときは

どんなタイミングか?」

 

「女性が、片想い中に好きな男性が

変わることがあるか?」

 

「女性が、社内恋愛をどう思うか?」

 

「女性が、過去にしてたら、また

社内恋愛をする気があるか?」

 

これらを徹底的にリサーチするのです。

 

 

女性の「相談役」としての立場を確立

して、悩みを引き出した上でその女性

の好みをリサーチして、

 

 

好みに合うように徹底的に自分を

磨いていきましょう。

 

 

そうすれば、好きな女性を彼女に

することはできます。

 

 

好きな女性と仲の良い友人を味方につける

直接女性と恋愛や価値観のトーク

をすることで、心を開くことが容易

になり、

 

 

恋愛へ発展させやすくなるのですが、

本音を引き出すのが苦手な男性は、

女性から聞き出した情報が建前の

場合があります。

 

 

そして、建前を手掛かりにして、

恋愛をすると、建前がもたらす

ズレがどんどん大きくなり、

 

 

その女性に適した行動ではなく

なっているということが起こります。

 

 

そこで、味方に付けたいのが、

狙っている女性と仲の良い女友達です。

 

 

たとえば好きな女性とご飯を

食べに行く場合、

 

 

二人きりではなく、その女性と

仲の良い女性社員も連れて

ご飯に行くと、

 

 

女性の親友とも仲良くなること

ができます。
こちらも男性社員を何人か連れて

行くことで、

 

 

「今度はみんなで飲み会しようよ!」

みたいな流れに持っていくこともできます。

 

 

女友達を味方に付ければ、真実を

リサーチできるだけでなく、

 

 

あなたの足りない部分も明確に

なりますし、女友達から男性として

高い評価であることを狙っている

女性に伝えてもらうこともできます。

 

 

情報戦で自ら溺れる確率が極端に

低くなるのです。ほとんどの男性は

情報収集不足で撃沈します。

 

 

情報を集めれば、脈がないのに、

告白はしません。

 

 

情報が無さ過ぎると、ダメなこと

にも向き合わなくていいので、

一か八かで体当たりする必要がなく

心理的負担が減るのです。

 

 

自分を保ち、女性を見極め、

女性の好みに即して行動する。

 

 

そのためにも、明確なリサーチと

ツテを確保して下さい。

 

 

それは今述べた方法で可能になります。

 

 

どう思われてるのかではなくどう行動するか

 

それに恋は、「脈アリを気にするモノ」

ではありません。

 

 

「脈アリにしていくもの」です。

告白は、バクチではありません。

告白は、確認です。

 

 

確認してダメなら、なぜダメかを

理解した上で、行動を積み上げて

いきましょう!

 

 

脈アリと脈ナシをくっきり分ける

のではなく、脈ナシから脈アリに

変えていくことを楽しんで下さい。

 

 

脈ナシなら凹まずに、脈アリまでの

過程を楽しめると思うような

マインドになりましょう。

 

では、今回はここで終わります。

 

 

最後まで読んでいただいき

ありがとうございました。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ