なぜモテない奴とつるんではいけないか?

「なぜ彼女ができないのでしょうか?」

という質問をしてくる人の中には、

2種類の人がいます。

 

 

「この人ならちょっとここ直した

だけですぐ彼女できるな。」っていう人と、

 

「そりゃ彼女できないわな。」っていう人です。

 

 

「そりゃ彼女できないわな」って

どういう人!?って気になると

思うので、もったいぶらずに

いきなり最初に言っときますと

 

 

これは

「自分には彼女ができるはずがないと考えている人」

です。

 

こう言われると、「?」

となるかもしれませんが、

 

 

現に「彼女欲しいと言って相談

しにくるのに、自分には彼女が

できるはずがないと考えている人」

はいます。

 

 

これだけ言うと、混乱してしまう

かもしれませんので、もうちょっと

詳しく解説して本題に入ります。

 

意識と無意識

サイト名:交通事故で頭を強打

したらどうなるか?

 

サイト URL⇨http://anbox.hinami.net/kad/

(面白いです。特に意識と無意識に関心の

ある人はぜひ見てください。)

 

 

2重人格という言葉がありますね。

人格がコロコロ変わる精神異常者

を指す言葉ですが、

 

 

この言葉の使いかたはそもそも

正しくないなと感じます。

 

 

なぜなら、複数の人格を持つこと

自体は、誰しもが抱えていること

だからです。

 

 

2重人格と言われる症状を、正しくは

解離性同一障害といいますよね。

 

 

これは、自我の4つの働きのうちの

人格をまとめる統合機能が適切に

働かなくなる為にこうした解離性

という言葉が使われるのです。

 

 

だから複数人格をまとめきれない

ことが問題なのであって、

複数人格を持っていること

自体は普通なのです。

 

 

だってそうでないと、社会生活

がうまくいかないですからね。

 

 

あなたも親に接する時の人格と、

友達や彼女に接する時の人格が

一緒だと困るじゃないですか?

 

 

僕だって怖い上司に説教されてる時に、

急にオカンと接している時の人格が現れて、

「ゴメンゴメン、うんこ行っていい?」

って言い放ったら首になってしまいます。

 

 

僕らは複数の人格をその場に

応じて切り替えることで

なんとかその日その日を

生きていけるというわけです。

 

 

ここがうまくいかない人が

解離性同一性障害を抱えて

しまっている人です。

 

 

で、それがなんで意識無意識の

話につながってくるのかという

わけですが、ここからが本題です。

 

 

無意識というプールと人格というバケツ

 

まず、プールとプールサイドに

バケツが置いてある光景を

想像して欲しいのですが、

 

 

プールを無意識、バケツに入った

水を人格と考えていただきたいです。

 

 

そのバケツでプールからすくった水が

そのまま今の人格である。

そんなイメージです。

 

 

そして、あなたの意識は、その場に応じて、

プールサイドから思案して、どこから、

どれだけの水をすくって人格を

形成しようか決めることができる存在。

 

 

というわけです。

 

 

プールの一部が汚れているなら、

それに目をつむって綺麗な水だけ

すくっていればいい話ですが、

 

 

臭いものに蓋をしているうちに、

プール全体が汚れきってどうにも

ならなくなるかもしれませんね笑

 

 

つまり、何が言いたいかというと、

 

 

「彼女ができないと考えている人格が

あるなら、プールの中に汚れている

水域があるということです。」

 

 

汚物が沈んでいるならその汚物を

すくって取り除いたり、水自体が

汚れているなら水を濾過をするの

と同じように、

 

 

無意識が抱えている、彼女ができない

原因に対して、対応した措置を

取らないといけません。

 

 

ただ掃除が面倒くさいのと同様で、

無意識を変えるというのは、

1人ではすごく大変な作業です。

 

 

だから、私のような存在が必要

なのですが、

 

 

その全てをここで書くとなると、

とても1記事では収まる分量では

ないので、

 

 

今回は無意識のプールを汚染し、

「自分に彼女ができるはずがない」

という人格を生み出すうんこを

除去する方法を1つだけ紹介します。

 

 

それは、

「彼女ができない人とつるまないことです。」

 

 

人は環境に染まる

何が正しいかではなく、環境の価値基準

が敷く正しさが本人にとっては重要になる。

 

人間はよく環境動物だと

揶揄されます。

 

 

これは、人間がいかに周囲の

考え方に染まりやすいかを

よく現している言葉です。

 

 

これについて面白い実験があって、

アメリカで20代〜40代の働き

盛りの男性へのアンケートで、

 

 

「あなたの最も親しい人物5人の

年収(推定でも可)と、あなた

自身の年収を答えてください。」

 

 

というかなりえぐる内容の

アンケートがあったのですが、

 

 

調査結果が面白くて

「9割の男性がその人自身の年収が、

その最も親しい5人の年収の平均年収程度

に収まった。」という結果になりました。

 

 

人間は考え方だけではなく、

年収まで周囲に影響されるわけですね。

 

 

ちょっと話が逸れましたが、

これは年収に限った話ではありません。

 

 

人間関係、もっと言えば、恋愛に

まで人は周囲の考え方に染まります。

 

 

もし、あなたの周囲が全員彼女が

いない男で埋め尽くされているなら、

今すぐその環境から去ったほうがいいです。

 

 

「常にあなたのプールにモテない思想、

つまりうんこが投げ込まれてる状況」です。

 

 

周り全員敵、四面楚歌だというのに、

あなた自身はそれに気づけず、

全員味方だと思っている。そんな状況。

破滅しか待ってませんね。

 

 

こんなのではあなたの人格まで

腐りきって「おれに彼女なんてできる

わけがない」という考え方にそまり、

一生童貞を貫く羽目になります。

 

 

だから環境、人間関係を変えましょう。

人間関係なんて簡単に変えられます。

 

 

バイトに行けば、女にモテて性格も

よくて仲良くしてくれるいい人

なんかざらに出会えますし、

 

 

社会人なら、いい環境が整ってる

社会人サークルに出会えるまで、

探せばいい。

 

 

飛び込むだけでいいのだから、

本来、環境を変えるなんてもの

すごく簡単なことなのです。

 

 

正直これすら面倒だと思うなら、

ハッキリ言って彼女を作る自分

になるなんてのは難しいです。

 

 

ですので、もし自分含め身の回りに

彼女ができない童貞しかいなくて、

なるほどと思ったなら、

 

 

すぐに環境を変えるべく今から

タウンページ開いたり、

社会人サークルに問い合わせの

メールを送ったりして、

 

 

行動していって欲しいですね。

この記事で1人でも多くの男性が

彼女ができない負のスパイラルから

抜け出せることができたら嬉しいです。

 

 

では、今回はここで終わります。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ