老人になっても毎日美女と子作りセックスできる人生を引き寄せる対人関係の達人になれる方法とは?

彼女を作る上で最も困難なことは、

女性に嫌悪感を抱かれることなく

仲良くなれることだと思います。

 

 

人に嫌悪感を抱かれることなく、

日に日に仲良くなっていける。

 

 

これができるなら、恋愛どころか

人生でも成功を収められそうな

気がしませんか?

 

 

これが出来た人物が日本の歴史

に存在します。

 

 

それは豊臣秀吉です。

 

秀吉ヤバくないですか?

 

 

だって0歳では農民だったのに

50歳越えた頃に天下統一

したんですよ。

 

 

農民から一代で天下統一したとか

ちょっとわけがわからない

じゃないですか。

 

 

で、その秘訣なんですが、私は

対人関係の上手さにあると思うん

ですね。

 

 

秀吉は当時人たらしと呼ばれていて、

人に取り入るのがうまかったようです。

 

 

織田信長に仕えた頃の草履を懐で

温めたエピソードなんかは秀吉の

対人関係のセンスの良さがよく

わかるエピソードです。

 

 

私はどちらかというと無愛想

なので、秀吉のこの対人関係

のセンスの良さは羨ましいです。

 

 

で、何が言いたいかというと、

距離感の取り方っていうのは、

 

 

対人関係において、言葉遣いの

方が優先され、見過ごされがち

ですが、

 

 

距離感の取り方をマスターする

ことで、秀吉のように現代で

天下をとることが可能ではないか。

ということです。

 

 

淀君みたいな美女を手に入れられ

て、じいさんになっても10代

20代の美女と毎日子作り

セックスすることも可能です。

 

秀吉みたいに天下を獲って毎日、

美女をとっかえひっかえセックス

三昧…とまではいかなくても

 

 

身近にいる好きな女性に嫌悪感を

抱かれずに、

 

 

日に日に仲良くなっていく

くらいのことはできます。

 

 

秀吉がそうやって周りの評価を

高めて権力基盤を盤石にして、

 

 

信長の死後、信長の部下だった

有能な兵達を抱き込んで天下統一

できたようにです。

 

それくらい、距離感の取り方って

いうのは人生において価値のある

ものとなります。

 

 

ぜひ、今日これから書いていくこと

をマスターして、恋愛に限らず、

対人関係の様々なシーンで

役立てるようにしてください。

 

 

では、女性から嫌悪感を抱かれず、

日に日になっていけるようになる

ためにまず押さえておいて欲しい

キーワードがあります。

 

 

それは何かというと…

 

 

ズバリ、「なわばり」です。

 

 

なわばりとは?

 

 

なわばりとは、よくディスカバリー

チャンネルなどの動物番組で聞き

ますが、

 

 

実は人間もなわばりを持つ生き物です。

 

ただ動物と人間とでは、なわばりの

質が違います。

 

 

具体的にいうと、

動物のなわばりは、食べ物や

身の安全を保障するためのもの

 

 

であるのに対し、

人間のなわばりは、人との快適

な距離感を保つためのもの。

 

 

つまり動物のなわばりは、

生命に関係するものに対し、

人間のなわばりは、社会関係

に関係するものです。

 

 

この人のなわばり意識について

面白い実験があるので、書いて

行きます。

 

 

人のなわばり意識に関する実験

 

人のなわばり意識に関して、

バス停留所のベンチで実験が

行われました。

 

 

3.6メートルのベンチの端から

30センチのところに実験者が

座っている場合、

 

 

停留所に来た人はこのベンチの

どこに座るかという実験です。

 

 

座る場所によって、その人の

なわばり意識がわかります。

 

 

結果は、このベンチに来た人の

4分の3は2メートル以上

離れて座りました。

 

 

また、この中のさらに半数以上は、

自分と実験者との間に本やカバン

などものを壁として置いたのです。

 

 

これは、ここまでのスペースは

自分のものだと、隣に座っている

実験者に対し発せられた

メッセージです。

 

 

ここからこっちは、私のなわばり

つまり入ってきてはいけませんよ。

とサインを出しているのです。

 

 

このように無意識のうちに、

人は知らない人とはベンチの

端に座り、

 

 

場合によっては間に物を置いて

お互いに快適な心理状態でいら

れるなわばりを確保します。

 

 

この実験では、最後まで3人目、

つまり2人の間に座る人は

いませんでした。

 

 

このシチュエーションで3人目の

人が座ると、全員の距離が近く

なり、全員が不快になるはずです。

 

 

だからこそ、3人目の人は不快感

を避け、ベンチに座ろうともしな

かったのです。

 

 

このようになわばりを意識して

見るとわかりますが、

 

 

物理的距離と心理的距離は密接な

関係にあります。

 

 

心理的に親しくもないのに、

相手のなわばりに侵入すれば、

相手は不快になるのです。

 

 

そして、鋭い方はもうお気づき

でしょうが、

 

 

この「なわばり」は親しさの度合い

によって狭くもなり、広くもなる

のです。

 

 

この人と人との物理的距離と

心理的距離の相関関係については

 

 

文化人類学者のホールが8つに

分類しているのでそれを最後に

紹介したいと思います。

 

親しさで分ける8つの距離

 

①密接距離近接相(0〜15センチ)

愛撫、格闘、保護のため利用

される距離。かなり親しい同士

が使う距離であり、

 

 

言葉によるコミュニケーションの

役割が少ない。ヤンキーが仲良い

のは格闘で相手と密接距離近接相

になる機会が多いため。

 

 

②密接距離遠方相(15〜45センチ)

手で相手の体に触れることが

できる距離。親しい者同士だと

快適だが、そうでない者同士

だと互いに不快になる。

 

 

通勤ラッシュ時の電車が不快

なのはこのため。

 

 

③個体距離近接相(45〜75センチ)

相手を抱いたり、

つかまえたり

することのできる距離であり、

相手の表情がよく分かる。

 

 

恋人や配偶者がこの距離に入る

のは自然だが、

 

 

そうでない男性がこの距離に

入ると女性との間で誤解が生じる。

 

 

④個体距離遠方相(75センチ〜1.2メートル)

両方が手を伸ばせば、相手の

体に触れることのできる距離。

個人的用件の際に利用される。

 

 

⑤社会距離近接相(1.2〜2.1メートル)

身体的な接触の限界を超えた

範囲であり、

 

 

仕事をするとき仲間との

間におく距離。

 

 

この距離に立って人を見下ろすと

威圧効果があるため、

女性に使うと逆効果になる。

 

 

⑥社会距離遠方相(2.1〜3.6メートル)

形式ばった仕事上の話の際に

利用される距離であり、

 

 

他人を気にせず自分のことに

集中できて、かつ他人の心理

をかき乱さない距離。

 

 

恋人と同じ部屋にいて、

別々のことがしたい場合、

 

 

この距離をとることでお互い

自分のことに集中できる。

 

 

⑦公衆距離近接相(3.6〜5メートル)

4メートル前後の距離では、

多少の質疑応答があり、

 

 

話し手と聞き手の間にわずかな

コミュニケーションの余地が

残されている。

 

 

⑧公衆距離遠方相(7.5メートル以上)

公園や演説の際に利用される距離。

個人的なやりとりが困難になる。

 

 

以上が文化人類学者ホールが

示した、人との関係別に使える

物理的距離の取り方です。

 

 

この8つの距離を目安にすると

おおよその測りたい女性との

心理的距離、親しさの度合いが

見当ときます。

 

 

こうした距離を念頭にしておいて

女性と接するようにすれば、

 

 

わざとらしくなく、日に日に女性

の好感度が上がる距離の取り方

がとれるようになっていきます。

 

 

ぜひ、今日から取り組んでいって

対人距離の取り方の達人になり、

秀吉のように人生を成功させましょう!

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ