太っている男はモテないのか?

心理学で有名なアルバート博士が

人が人を判断するのは最初に出会

ってから目を合わせ挨拶するまで

たった6秒間だと言っています。

 

 

第一印象のイメージがそのまま

その後もその人のイメージに

なるのです。

 

 

良い印象を与えれば、その後その

人との関係はうまくいきますが、

悪ければその後のその人の関係は

あまりうまくいかないでしょう。

 

 

第一印象を覆すのは並大抵のこと

ではないのです。

 

 

女性との出会いにおいてだけでなく

就活のような今後の人生を左右する

ような大事なイベントでもあなたの

第一印象で決められることがあります。

 

 

第一印象というのはあらゆる場面で

あなたの運命を決定付けます。

 

 

その視点で見ると、太った男性は

モテるのか?満足な人生を歩む事

ができるのか?書いていきます。

 

 

もしあなたが最近太ってきたな…

と思っていたなら必ず見てください。

 

 

太った男と付き合える?

 

ガールズちゃんねるで太った男と

付き合える?というアンケートで

YESが51.9%NOが48.1%

となっていました。

 

 

思ったより多いじゃんと安堵した

なら、安心するのはまだ早いです。

 

 

太っているだけで約50パーセントの

女性から恋愛対象として見られる事

はないのです。

 

 

これって結構深刻だと思いませんか?

 

 

50パーセントの女性とのチャンス

を最初から失った状態から勝負

していかなければいけないのですから。

 

太った男に対する女性の意見

 

・経済力しだいではあり

 

・太ってるだけで生理的に無理

 

・別に太っていてもでもいいけど、

太っているからいいってことは絶対にない

 

・おもしろくてやさしいならいい

けど…食費が凄そうだし、病気に

なりやすいからお金がかかるデブ

な人は結婚相手として無理です…

 

・胸板厚い人がいい 。でもデブは除く。

 

・デブでもデブオタは無理

 

・こんな記事読んで勘違いしたデブ

メンズが増えたらと思うととても不快。

モテたいなら痩せろと言いたい。

 

・性格と経済力でデブをカバーできる

ならよし

 

・ひょろいモヤシみたいな人よりは

デブの方がまだマシなだけで、普通

体型やマッチョの人の方がずっといい。

 

 

…散々な言われようですね。

残念ながら、これが太っている

男性に対する偽らざる本音です。

 

 

男は見た目じゃない?中身で勝負?

確かにそうですが、それで見た目

を磨かないことに対する言い訳に

していませんか?

 

 

女性も化粧したり、香りに気を

遣ったり、ダイエットをしたり

見た目を磨くために努力を

しています。

 

 

あなたも女性に恋愛対象として

認められたければ、太っている

なら痩せて見た目を磨く必要が

あります。

 

モテる人は影で努力をしています。

 

※見た目を磨く関連記事

女性にモテるようになる身だしなみのテクニックとは!?

 

ファッションセンス0でも女性に絶賛されるようになる服装を手にいれる方法とは!?

 

日常生活を工夫して痩せる努力をする

 

痩せるなら、

 

・新陳代謝をあげるために白湯を

普段より多めに摂る。

 

・糖分が多く、カロリーの高い甘い

ものを普段より控える。

 

・朝早く起きて30分以上時間をとり

ジョギングしたり、通勤時や

退勤時に歩く距離を増やす。

 

など日常生活でいくらでもやせる

工夫はできます。

 

 

今日から少しずつでもいいので

生活習慣を改善してしていきましょう。

 

 

そうすれば痩せることができ、

太っているだけで無理な50%の

女性から恋愛対象として見られる

チャンスが生まれます。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

24年間童貞の根暗。介護士として働き始めてから誰にも看取られる事なく亡くなっていったおじいさんを見て、このままではセックスも結婚も出来ず、寂しい人生になると危機感を抱き一念発起。 職場で一番モテる派遣のおじさんに恋愛テクニックを教えて貰い、職場の美人の先輩を見事口説き落とす。 その経験を生かしブログで恋愛経験0の童貞からでも、セフレや彼女を作れるようになるために必要な情報を日々発信している。 今ではツイッターを駆使してセフレや女友達を増やし続けている一人前の出会い厨。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ