ハロウィンでのナンパで女性との会話に困らなくなる方法

田谷です。今日はハロウィンでの

ナンパで使える会話の切り返し方

について書いていきます。

 

 

あなたが今まで、ナンパで女性との

会話で困っていて、あたふたしてしまい

なにを言えばいいかわからなくなるって

いう状態だったとしても、

 

 

この方法を知ることによってあなたが

今年のハロウィンでのナンパで

好みの女性との会話がスムーズに

できるようになっていきます。

 

 

で、女性の方もあなたとの会話で

楽しい気分になり、もっとあなたの

話しを聞きたいっていう風に、

 

 

中毒状態にさせることができるように

なっていきますので、最後まで集中して

聞いてください。

 

 

実際僕はこの考え方を知ることによって

人生が大きく変わりました。

 

 

ナンパだけに限らず、女性との

コミュニケーションが今まで

間違っていたんだなっていう

ことに大きく気づいたわけです。

 

 

あなたも今から僕がお伝えする

考え方を理解することによって

今年のハロウィンでのナンパで

 

 

会話で詰まって困ってしまうといった

ことはなくなるので、ぜひ吸収して

今年のハロウィンに臨んでください。

 

 

会話で返事が上手くできない原因

 

これはメモって欲しいのですが、

 

 

女性との会話で返事が上手くできない原因

=正確さへの執着と書いてください。

 

 

どういうことかというと、

ハロウィンやナンパに限らず、

 

 

女性と会話がスムーズにできない人

っていうのは、ある共通点があります。

 

 

それは、正確に返事しないとダメだな

という風に思っているんですね。

 

 

実際もてない男性と会話して

みると、

 

 

正確に、論理的に何の矛盾もなく

全て100%事実を話していって

 

 

情報的に正しい、100点満点の

回答で返事しようとしているわけですね。

 

 

これのなにがいけないかって、たとえば

女性に何の食べ物が好きですか?って

聞かれた時に、

 

 

「好きな食べ物の定義によるが、

僕は栄養が偏らないように朝食

昼食夕食総合的にバランスよく

食べることを心がけているので、

 

 

そういう意味では特に好きと

言えるものはない。」

 

 

とかなんか論理的に正確さへの

こだわりがあると、長くなるので

テンポよく返事を返すことが

できないわけです。

 

 

で、どんな女性が好きなんですか?

って言われた時とかも、

 

 

「自分のタイプは身長150センチ以上

160センチ未満で価値観が合っていて

血液型がB型で・・・」とか長々と論理的

に話されても、

 

 

女性としては引くか弄るかしか対応の

しようがないわけです。

 

 

こんな感じで論理的にこだわって返事

しようとしたら、つまらなくなりますよね。

 

 

女性の相手をするのがうまい人、

要はモテる人とかは、

 

 

たとえばどんな女性が好きですか?

と言われたら、

 

 

「面白いやつ」とか「キモいやつ」とか

 

 

なんかリラックスしてるんですよ。

 

 

どんな食べ物が好きですか?って

聞かれたら、

 

 

パッと「肉」とか言うわけです。

なにもかんがえてないわけですね。

 

それで、これだけは押さえておいて

欲しいのですが、

 

 

男性と女性というのは脳が違います。

 

 

男性の脳は、生き物として

情報を交換する生き物なんですね。

そういった役割を持っています。

 

 

一方で、女性の脳は感情を共有する生き物

という役割を持っています。

 

 

これは男性が狩猟をして、女性が

コミュニティーを維持していく、

っていう昔からの役割分担って

いうところから、

 

 

脳の機能の違いっていうのが、

生まれてるわけですが、

 

 

男性同士のコミュニケーション

っていうのは、正確な情報が求め

られるわけです。

 

 

仕事場とかでも、あなたが取引先に

何か聞かれて適当に受け答えしてたら

契約ができないですよね。

 

 

なので特に男性とコミュニケーション

する時は事実だとか、正確さが求めら

れるのです。

 

 

だから論理的な考え方や話し方って

いうのは、男性とコミュニケーション

をとる場合だったら必要なのですが、

 

 

女性というのは別に情報の正確さ

っていうのはどうでもいいわけです。

 

 

なにが彼女たちにとって一番の価値が

あるのかというと、感情を共有できる

かできないかなのです。

 

 

自分が思っていることを分かち合いたい。

そこに一番の価値があるわけです。

 

 

それがたとえ事実と違ったりとか、

正確じゃなかったとしても、

 

 

嬉しい、悲しいとかいう気分を

共感してもらえたら、彼女にとって

はそれが価値のある会話なのです。

 

 

なのでこの男女の脳の違いをわかって

いないと、今年のハロウィンでナンパ

する時でも、あなたは女性にとって

満足のいく会話ができないわけです。

 

 

じゃあ、今年のハロウィンでナンパ

で会話を成功させるために、

 

 

具体的に今日からどうやって女性と

会話していけばいいのかというと、

ステップが2つあります。

 

 

最初のステップが、

オーバーリアクションをとる

ということです。

 

オーバーリアクションというのは、

「え!?」とか「マジで!?」とか

驚きをつけて反応することです。

 

 

たとえばハロウィンのイベントで

「(腕の)傷メイクを作るの

大変だったの〜」みたいなこと

言ってきたら、

 

 

「え!?」とか「マジで!?」とか

いうことです。

 

 

で、次のステップが共感を入れる

ということです。

 

 

共感ワードを使って返答するという

ことなんですが、

 

 

共感ワードっていうのは、相手が感じ

ている感情を言ってあげるっていう

ことです。

 

 

たとえばさっきの傷メイクの例で

いうと、

 

 

「(腕の)傷メイク作るの

3時間かかったの〜」って

いう言葉を

 

 

楽しそうに言ってたら

「正直楽しかったでしょ!?」って

言います。

 

 

大変そうに言ってたら「え?マジで?」

ってやや抑え気味のトーンで

リアクションを取った後に、

 

 

「え〜大変だったでしょ?」っていう風に

相手の感情を先取りして言ってあげるわけ

です。

 

 

多くの人っていうのは共感っていう

ものが頷くことだとか、「へぇ」

だとかいうレベルで止まってます。

 

 

でも本当の共感っていうのは

そうじゃなくて

 

 

相手の感情を代弁してあげることです。

 

それでこの流れでリアクション→

共感→質問っていう風に会話を

広げていくんですが、

 

 

このステップ1のオーバーリアクション

ステップ2の共感っていうのは、

 

 

ハロウィンでのナンパに限らず、

女性と話す時のテンプレート

として持っておいてください。

 

 

論理の正確さにこだわるので

なく、このステップを守ることで、

 

 

どんな美人の女性との会話でも

対応できるようになれます。

 

 

なのでこの2ステップを

ハロウィンでのナンパで使って、

いいリズムで会話してこの人

面白いなって思わせることができます。

 

 

この2ステップをマスターすると、

女性からの反応が全然違います。

 

 

まだ今年のハロウィンまで1ヶ月

ありますので、

 

 

これから1ヶ月間女性と話す時は

会話の正確さを頭の隅において

この2ステップを意識して会話する

ようにして練習してください。

 

 

1人でも多くの男性が出会いで

悩まなくなれば僕も嬉しいです。

 

 

では、また明日(^ ^)

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ