月一でセフレを作る僕のネットでのセフレの作り方とは?

こんにちは、田谷です。

 

 

ネットで出会いを探すことに

抵抗がある方って結構いまして、

 

 

たとえば、

 

サクラに騙されるんじゃないかとか、

 

出会えるイメージがないだとか、

 

とにかく実践できてない男性が

いて勿体無いなと思います。

 

 

僕も今では月1ペースでセフレを

作っていますが、

 

 

僕の実感では、ネットでの出会って

セフレを作ることができるか否かは、

単純にノウハウを知ってるか知ってないか。

 

 

たったこれだけですね。

 

 

今回、ネットで出会いを作ろうにも

経験がなくて全くイメージがわかない

方のために、

 

 

ネットで出会ってセフレを作るための

流れを書きましたので、ぜひ参考に

していただけると幸いです。

 

 

1、出会いの場を作る

 

僕はセフレ探しはもちろん

インターネットを使います。

 

 

目標はとにかく自分と気が合う女性

探し出すことです。

 

 

出会い系サイトや SNS、スカイプ

掲示板など、あらゆるものを

駆使して気が合う女性を探してください。

 

 

僕の場合、オンラインゲームも

セフレ作りに活用しています。

 

 

一緒にゲームをすると、自然と

会話が生まれてくるので僕として

は楽です。

 

 

 

オフパコって言葉があるように、

ゲームと出会いって相性がいいので、

 

 

もしあなたがゲームが好きなら、

ゲームを出会いに活用するのも

手段の1つです。

 

 

2、通話で仲を深める

 

基本的に文字より声で会話した方が、

信頼関係を築けるので、

 

 

ラインやスカイプに誘導し、

通話をして距離を縮めていく

わけですが、

 

 

最初は多少無理してでも女

性を楽しませることが必要で

 

 

楽しませるというとハードルが高く

なってしまいますが、

 

 

 

特別なことを話す必要はなく、

普通に最初は世間話で大丈夫です。

 

 

特別なコミュ力なんてのは正直

いりません。

 

 

日常の話で。

「今日仕事で~」

「コンビニで~」

何気ない話をしていきます。

 

 

 

エピソードを会話に盛り込むと

女性があなたのキャラを想像しやすく

信頼が早く得られるように

なるのでオススメですね。

 

 

あなたの日常を女の子に想像

させることで、より親密な関係

になれるということです。

 

 

3、通話では女性の話を引き出す

 

慣れてきたら女の子の話も同様に

聞いていきましょう。

 

 

会社の話やら家族の話やら。

一通り共有できたところで、

 

 

愚痴を促すために愚痴をこぼしてみます。

 

 

ここでのポイントは愚痴を言い過ぎないことです。

人間、愚痴を言うのは好きですが、

聞くのはあまりいい感情が生まれません。

 

 

かと言って、愚痴を言わなすぎると

女性も本音を言いづらくなって

しまうので、女性の話を促すときに

愚痴を言ってみます。

 

 

「今日コンビニの店員が、温めた弁当

とアイスを一緒の袋に入れてきたん

だけど、おかしくない?ってか〇〇

さんだったらこういう時どうする?言う?」

 

みたいな感じ。

 

話題の一つにするイメージです。

 

こうやって少しずつ愚痴を漏らす

ように促していきます。

 

 

女の子からも愚痴を漏らすよう

になってきたらそれは心を開いた証

です

 

 

(もちろん、一切愚痴を言わない

天使みたいな子もいます。

 

そういう子には愚痴っぽい話はふらず

にお互いにポジティブな楽しい会話を

進めていきましょう。)

 

 

4、肯定的に聞く。

 

ちなみに愚痴を女の子が言ってくれたら、

何があっても「それはお前が悪いよ」

などと言ってはいけません。

 

 

まずは絶対に肯定するようにしてくださいね。

 

モラル的におかしいことを

言っている場合でも、

まずは受け止めて下さい。

 

 

その後で注意するなりなんなり

しても遅くはないです。

 

 

 

でも、あまり通話の回数をこなせば

いいってわけじゃなく、

 

 

女の子の日常の一部になり、仲良く

話せる関係を築くと、新たな危険が

生まれてきます。

 

 

それは男として見られなくなってしまう

ということです。

 

 

友達止まりってやつですね。

 

 

僕はこれを回避する意味も込めて、

早い場合、2回目の通話で

告白してしまいます。

 

 

「〇〇さんのことホントに好きだわー。

会ったら絶対告白するから!」とか

先手を打ってしまうわけです。

 

 

これなら「付き合って」と言ってる

わけでもないので、女の子は断り

ようもないですしね。

 

 

それで事あるごとに、「さすが俺の嫁」

とかそんな感じのニュアンスで男女仲を

意識させておくわけです。

 

 

これはその女の子をキープするという

役割ももちます。

 

 

仮に出会い系サイトでその子と出会った

とすると、その子は他の男たちともやり

取りを続けています。

 

 

その中でいい人がいたらひょいっと

そっちに行ってしまうんですね。

 

 

ですが、前々から告白をしていると、

ひょいっと行きづらくなるわけです。

 

 

初デート感を出さない

 

基本的に僕は2回目以降の通話で

デートのオファーをしています。

 

 

そして、オファーが通って、

いよいよ初デートとなった時。

 

 

ここでしないといけないことは

「自分がデートでリードしていく」

ことです。

 

 

 

だって実際にネットでの出会いは

初対面の人と初めての場所でデート

する場合が多くて、初めて尽くしな

わけです。

 

 

こんな状況では誰だってリードして

欲しいと思いますよね。僕もリード

してもらって楽したい。

 

 

だけどここは我慢して女性をリード

することで、そういった女性の心理

にうまく入り込み、好感を得ること

ができます。

 

 

 

細かいところは通常の初デートと変わりません。

 

 

そして、ネットで出会った女性を

セフレにする場合、

 

 

基本的に初デートしたその日の

うちにオファーしてセックスまで

いきましょう。

 

 

 

 

それか全く何もせず次以降のデート

につなげるかです。

 

 

キスだけでも・・・とか

中途半端な対応だけはやめてください。

 

 

キスだけでその日別れるとその後

女性との縁が切れるケースが多いので、

やるならセックスまでやりきってください。

 

 

流れおさらい

 

出会う場所を探す

気の合う女性とマッチングする

通話までこぎつける

初デート

オファーしてセックスor全く何もしない

 

という感じです。

 

 

これがだいたい僕のネットで

セフレの作り方の流れです。

 

 

 

具体的なノウハウはここでは

触れず流れだけ書いてみましたが、

参考になれば幸いです。

 

 

では、また明日(^ ^)

 

彼女やセフレができる4つのポイントとは?

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ