女性との会話が続かない人が気をつけるべき3つのポイントとは?

田谷です。

 

 

会話って難しいですよね。

 

 

男性との会話は普通にできるけど、

女性との会話が続かない、

 

 

どう話していいかわからない、

 

沈黙が怖い、

 

 

そんな風にどんどん女性を避けて

しまっている男性は多いです。

 

 

実は僕自身も会話自体は苦手です。

 

 

でもだからといってそれで女性との

会話を避けてしまっては、

 

 

女性の印象にも残らないし、何を

考えているかわからない人っていう

印象を持たれてしまい、

 

 

良いイメージは抱かれないでしょう。

 

 

 

「そんなこと言われたって

出来ないものは出来ないです。」

 

 

という男性もいるかと思いますので、

今回は女性との会話が続かない男性

のために、

 

 

 

3つ女性との会話が楽しく続くように

なる方法を伝授しますので、覚えて

帰ってください。

 

 

話をせかさず5秒程度待つ

 

女性「先週すき焼き食べたんだけど、

卵にあたって大変だったんですよ〜」

 

あなた「うわ、それは大変だったね」

 

女性「そうなんですよ〜」

 

 

ここまで会話が続いて、女性が

そうなんですよ〜と言って

黙ったらどうしますか?

 

 

今までのあなたでしたら、沈黙を

恐れてすぐ何か言葉を発したかも

しれませんが、

 

 

ほんの3~5秒くらいでいいですので、

あなたもここで沈黙してみましょう。

 

 

ここで不安を表情に出さないように

会話しながら別のことを考えるなど

して、余裕を出します。

 

 

不安はあなたの表情をこわばらせます。

女性はその怖い顔を見て、拒絶的な

雰囲気を感じて不安になり、その結果、

会話がぱたりと止まるのです。

 

 

会話ベタの人はとにかく沈黙を

恐れている傾向にあります。

 

 

「何か喋らなければいけない」と

気持ちが焦ってしまって、

 

 

女性の話を結果的に聞けていな

かったり、表情がこわばって

しまったりして、それが良くない

結果を招いています。

 

 

だいたい瞬時に話を考えて、

どんどん話せる人なんて明石家さんま

くらいしかいないんじゃないですかね。

 

 

なので僕ら一般人は考える時間も

絶対に必要なんです。

 

 

女性はただ考えているだけなのに、

会話ベタの男性は焦ってしまって

それを邪魔してしまいます。

 

 

そうなると、女性もすっきりしないし、

こちらも焦ってひねり出した話で

よくわからないことになってしまいます。

 

 

まずは沈黙に耐えることから始めましょう。

 

 

もちろん、我慢するという意識では

会話の相手もリラックスできないので、

 

 

「沈黙でも大丈夫、ゆっくり話を考えて下さいね」

という空気を出すことが大事です。

 

 

この空気を出すのは練習しないと

どうしようもないので、少しずつ

慣れていきましょう。

 

 

最初はどうしても沈黙が怖いと思い

ますが、気の持ちようです。

 

 

「そんなに喋らなくても大丈夫」と

実感するためにも恐れずに女性との

会話の経験を積み重ねていってください。

 

 

もし身近で経験を積む女性すら

いなければ、ネットで探しましょう。

 

 

ちなみにネットで女性と会話する時も

同じです。

 

 

初対面で、話し始めはある程度

喋ったほうがいいですが、

 

 

慣れてきたらベラベラ喋り続けると

逆に嫌がられることが多いです。

しっかりと沈黙を駆使してみましょう。

 

 

 

 

〜でしょうね。という相槌を使う

 

「先週、旅行に行ってきましてね」

「ほー、楽しかったですか?」

 

 

このようにストレートな質問を受けると、

女性は話しづらいものです。

 

 

あなたにも、どう答えて良いのか、

とまどった経験がありませんか。

 

 

こう尋ねられると話し手は

「楽しかったこと」を探すのですが、

 

 

答えられる範囲が限定的なため、

なかなかいい話が思い浮かびません。

 

 

仕方なく、「うーん、たぶん」など

という中途半端な返事しかできず、

会話にブレーキがかかった状態に

なります。

 

 

こういうとき、会話が上手い人は

相手が自由に考えられる質問をします。

 

 

それが「〜でしょうね」という漠然

とした言い回しです。

 

 

「〜でしょうね。」と文字で見て

しまうと、なんだか馬鹿にしてる

ように見えますが、当然そういう

使い方ではありません。

 

 

これは、女性の方から会話を引き

出しやすくなる魔法のフレーズになります。

 

 

「楽しかったですか?」と聞くと

引用文にあるような結果を招きますが、

「楽しかったのでしょうね。」と聞けば、

 

 

楽しかった事だけではなく、

旅行全体に関して話すことが

できるようになるわけです。

 

 

これはビックリするくらい使える

のですぐにでも実践してみてください。

 

 

これを知らないと「楽しかったの?」

「天気はどうだったの?」「どこいったの?」

と次々と質問が必要になって

尋問みたいになってしまうので要注意です。

 

 

ちなみに女性を褒める時も、

「モテるでしょ?」って言うより

「モテるんだろうなぁ」って言った

方が効果的なわけです。

 

 

それを言われた側の気持ちになれば

一目瞭然だと思います。

 

 

このフレーズは本当に色々な場面で

使えるので普段から練習しておいた

ほうがいいですよ。

 

 

次の言葉が出てくるようになる方法

 

女性の問いかけに気の利いた受け

答えをしないといけない、という

思いが強すぎると、かえって緊張

してしまい、

 

 

次の言葉が出てこなくなって

しまいます。

 

 

そういう時は、「はい」の返事に

少しだけ、「自分の話」を付け

加えてみてください。

 

 

これもかなり大切です。

 

 

YESかNOで答えられる質問に対して、

YESかNOで答えてしまったらそこで

終わってしまうので何かを加えるこ

とが大切です。

 

 

これは頭の中ではわかってるんですが、

実際にその場面に遭遇すると上手くできないことが多い。

 

 

最も良い対処法は普段から色々ネタを

仕込んで置くことなんですが、

 

 

そうもいかないと思うので、僕は

感情を含んだ一言を加えるようにしてます。

 

 

「はい…」で終わるのではなく、

「はい、そうなんですよ〜(嬉)」

みたいなイメージです。

 

 

そうすると、会話の相手は

「なんか嬉しそうだけどいい思い出あるの?」

と思って色々反応してくれます。

 

 

その間にエピソードを考えたり、

思いつかなければ女性に質問を返せばいいです。

これまた結構使えるのでやってみて下さい。

 

 

会話ベタの人は無表情だったり、

顔が引きつってしまってる人が多いので、

感情を表現するという点でも大切です。

 

 

これも少しずつ会話を経験して

身につけていきましょう。

 

 

では、また明日(^ ^)

 

好きな女性との会話が盛り上がる方法とは?

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ