優しい男性が彼女を作る上で気をつけるべきたった1つのポイントとは?

よく優しい男性から相談で、

女性に男性としてみてもらえない

旨のことを言われます。

 

 

せっかく勇気を出して告白しても、

「友達としてしか見てなかった。」

と言われたらショックですよね。

 

 

なんでこんなことが起きてしまうのか

というと、

 

 

優しい男性は基本的に人間関係において

「主導権を握る」という意識が

欠落している場合が多いのです。

 

 

恋愛には主導権というものがある

 

主導権を握るのが上手い人は、

相手が知らず知らずのうちに

相手の心理を自分に都合のいいように

動かすことが出来ます。

 

 

人間関係全般にも言えること

ですが、主導権を取らずしてモテる!

なんてことはありません。

 

 

まずは、主導権を握れるように

行動することが大切なのです。

 

 

恋愛は、振り子のようなモノと言われており、

「追っかける」側と「追っかけられる」側

が存在します。

 

 

恋愛において主導権を握るとは、

追いかけられる側に立つことをいうのです。

 

 

女性のイエスマンに成り下がっている

ようではいつまでたっても追いかける側

のままで、

 

 

追っかけ状態が続き、相手の反応がないから、

さらに追っかけて、終いには嫌われる、

なんてことが往々にあります。

 

 

だから一見女性に合わせることは

間違いではないのですが、

 

 

優しい男性の場合は、むしろ

主導権を握ることを意識した方が

結果的には恋愛が上手く生きやすい

ことが多いのです。

 

 

恋愛の主導権をにぎる3つのポイント

 

女性から男としてみられないような

優しい男性でも、簡単に恋愛で主導権を

握れる方法があります。

 

 

それは

「女性を調子に乗らせないこと」です。

 

 

そのために3つのポイントがあります。

 

それは・・・

 

・ワガママを聞きすぎない

 

・多忙であることを植え付ける

 

・「好き」という感情を出しすぎない

 

 

です。

 

 

だいたいこれらの3つを意識すれば

ある程度時間が経てば女性に主導権を

握られなくなります。

 

 

ワガママを聞きすぎると、あなたは、

パシリというか、ただの「都合のいい人」

だと感じられてしまいます。

 

 

よっぽど別の大きな魅力がない限りは、

女性に飽きられてしまいます。

 

 

しかも、何でも相手の言うことを

聞いていると、あなた自身の価値を

下げることになってしまいますから。

 

 

ワガママを一つ聞いたら、

自分も1つ、2つワガママを聞いてもらう

意識で関わっていきましょう。

 

 

そんな感じでバランスを取っていくといいでしょう。

 

 

お互い対等な立場を築かないことには、

主導権は握れません。

 

 

人間関係も縄張り争いのようなものなのです。

 

 

主導権を握ることにもしかしたら抵抗が

ある男性もいるかもしれません。

 

 

しかし、それはあなた自身の人としての

魅力を発揮するためには大事なことです。

 

 

自分がない男性に魅力なんて

誰も感じませんからね。

 

 

主導権を発揮することで、初めて

あなたらしさの魅力が女性に伝わります。

 

 

要は、あなたのブランドです。

 

 

いつ誘っても来てくれるような人は

便利ではありますが、価値は低く

思われるものなのです。

 

 

 

とても大切なことで、手に入りにくいモノ、

人気のある物に人は価値を見出すのです。

 

 

これは、「追っかける」と「追っかけられる」

のバランスを意識する上では重要な価値観です。

 

 

 

というわけで、主導権を握るということ、

このことに気をつけて、普段から女性と

過ごしてみて下さい。

 

 

 

繰り返すようですが恋愛は、振り子の

ようなモノと言われる通り、

 

 

「追っかける」側と「追っかけられる」側

のバランスです。

 

どちらかに偏ることのないように。

とくに優しい男性は追いかける側に

自ら回りやすいので気をつけてくださいね。

 

 

では、また明日。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ