私が職場の先輩を落とした時に活用したとある心理法則とは

クラスメイトに惚れてしまった。

 

職場の女性に惚れてしまった。

 

部活のマネージャーに惚れてしまった。

 

 

こういった経験はありませんか?

 

 

同じコミュニティーに属する女性を

彼女にするって多分ハードル高い

思います。

 

だって、告白してフられたら

噂がすぐに広まって、あいつ

フられたらしいぜダッセー!

 

 

って笑い者にされるリスクが

あるからです。

 

 

僕も中学高校に好きな子が

出来ても告白できなかったのは、

 

 

自分の容姿に自信がなかったのも

ありますが、

 

 

フられた時に起こることが、

怖くてできなかったのが大きいです。

 

 

だから、もしあなたが今

 

 

同じコミュニティーの女性を好き

になって、

 

 

その女性に告白しようって思ってる

なら、それはとても勇気があって

すごいことだと思います。

 

 

少なくとも僕にはそれが

できなかった。

 

 

そういう勇気のあるあなたのために、

今回は私が職場の先輩を落とした

時に役に立った心理法則を

1つ紹介致します。

 

 

それは、

 

 

熟知接触の心理効果

という心理法則です。

 

 

熟知接触の心理効果

 

熟知接触の心理効果とは、

アメリカの心理学者ロバート・ザイアンス

が論文で発表したことで有名になった

心理法則です。

 

 

何度も何度も特定の対象(ここでは女性)

に接触していくと、

 

 

その対象となるものに親近感

安心感を覚えるようになり、

 

 

恋愛においては、その親近感や安心感が

「好意」に繋がっていく傾向にある

いうことです。

 

この心理効果は、何度も同じものを

「視覚(目)」で捉えても生じるもの

であり、

 

 

また何度も同じ情報を「聴覚(耳)」

で捉えても生じるものと言われている為、

 

 

もしあなたが女性に対して使う際は、

 

 

会って話すこと

 

 

これを意識することで、

その効果はより高いものになる

ということです。

 

 

まあそれが難しくても、

それとなく視界に入ったり、

電話とかで声を聞かせても、

効果があるということになります。

 

 

僕の経験ですが、

 

 

それほど仲良くない女性と勤務が

4日くらい続いて、日を重ねる

うちに結構会話が盛り上がったん

ですが、

 

 

勤務が合わずまた5日くらいたって

から久しぶりに会って、

 

 

「5日前は会話が盛り上がったのに

今日会ってみたらなんか気まずいな…」

 

って思うことがありました。

 

 

これはつまり、日が空いて

熟知接触の心理効果が薄れた

ということですね。

 

 

熟知接触の心理効果を高めるには

極力毎日会って話したほうがいい

ということです。

 

 

同じコミュニティーに属するって

ことは、この心理効果をフル活用

できるのでいいですね。

 

 

同じ職場なら、毎日顔を合わせて

協力して仕事をすすめられるように

関わっていけるといいでしょう。

 

 

毎日仕事の段取りやテンポが合い、

その過程で相手の性格や

プロフィールも把握できます。

 

 

クラスメイトであれば、

同じ委員会に入るっていうのが

いいですね。

 

 

熟知接触の心理効果によって、

安心感や信頼感が生まれ、

 

 

2人はやがて好意を抱くように

なるということです。

 

 

高校や大学の同級生との恋愛や

結婚が多いのはそういうことです。

 

ですので、同じコミュニティーに

属している女性を彼女にしたい場合は、

 

 

ぜひこの心理法則をフル活用して

いただければと思います。

 

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございまいした。

 

24年間童貞の根暗。介護士として働き始めてから誰にも看取られる事なく亡くなっていったおじいさんを見て、このままではセックスも結婚も出来ず、寂しい人生になると危機感を抱き一念発起。 職場で一番モテる派遣のおじさんに恋愛テクニックを教えて貰い、職場の美人の先輩を見事口説き落とす。 その経験を生かしブログで恋愛経験0の童貞からでも、セフレや彼女を作れるようになるために必要な情報を日々発信している。 今ではツイッターを駆使してセフレや女友達を増やし続けている一人前の出会い厨。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ