彼女を作るためには結果より過程に目を向けてみよう

こんにちは、田谷(たや)です。

 

 

今回はタイトルで既にネタバレ

していますが、

 

 

ちょっと気になることがあった

ので今回こういうタイトルで

記事にしました。

 

 

というのは、恋愛経験のない

知り合いの男性が最近、初めて

気になっている女性をデートに

誘ったのに

 

 

ドタキャンされたからといって、

せっかく女性にアプローチする

ところまで行ってたのに諦めた

という話を聞いたからです。

 

 

その知り合いの男性が言うには、

クリスマスの次の日にデートを

キャンセルされて、

 

 

女性に別の日のデートを提案された

そうですが、もう無理だなと思って

その女性を諦めたとのことでした。

 

 

あなたならどうしますか?

確かに、デートをドタキャン

されるのは凹みますが、

 

 

私はせっかく好きになった女性を

告白もせずに諦めるのは勿体ないな

と思いました。

 

 

私が思うに、好きになるほどの女性

と出会う回数って人生でも数える

ほどしかないと感じます。

 

 

内心気に食わない、あるいは

どうでもいい女性の方が

圧倒的に多いはずです。

 

 

何百人、何千人、何万人か

わかりませんが、

 

 

ともかく出会ってきた女性の中で

好きになるほどの女性っていう

のは一握りです。

 

なのになぜその恋愛経験の無い

男性は、無理そうだからと言って

好きになった女性を簡単に

諦められるのでしょう?

 

 

私はその男性は結果に拘り

すぎて過程を楽しむことを

忘れているのではないかと

考えました。

 

そしてこれは恋愛経験のない

男性の多くに言えることだと

思います。

 

 

結果に拘ると失敗が怖くなる

 

モテない男性ほど、ちょっと何か

女性に気のないそぶりをされると

「どうせ無理」とか言います。

 

でも、人間って気の変わりやすい

生き物ですし、特に女性は機嫌次第

で態度が変わるものです。

 

 

付き合っている男性に対しても、

今日は会いたくないとか

気分次第で言い出す生き物です。

 

 

そんなコロコロと気の変わる

女性の言動を真に受けて、

 

 

いちいちイケそうだとか自分に

気がなさそうとか振り回される

のが間違いです。

 

 

では、どうすれば恋愛経験が

なくても簡単に彼女ができる

ようになるかというと、

 

 

女性に告白するまでの過程を

楽しむようにすれば、簡単に

彼女を作ることができるように

なります。

 

 

過程を楽しむ

過程を楽しむようになると、

いちいち女性の言動に対して、

 

 

自分に気があるだとか、気がない

だとか一喜一憂することなく

恋愛を楽しめるようになります。

 

 

心理学で女性が髪をかき分けた時

はあなたに気があるだとか

言いますが、(私もネタに困ったら

そのうち書きます。)

 

 

全く無意識にただやっているだけ

の時もあるので、

 

 

そういう女性の言動から気があるだ

とか読み取ろうとするのはハッキリ

言って不毛です。

 

 

女性に対してとりあえず告白する

とこまで行こうと思うと、

 

 

どうやったらデートを盛り上がるか、

どうやったら女性が喜ぶか、

考えるようになり、自然と告白の

成功率が上がっていきます。

 

 

わかりますか?

 

 

モテない男性は女性が自分を

どう思っているかに神経を割いて

いるのに対し、

 

 

モテる男性は女性に告白するまで

の過程に神経を割いているのです。

 

 

告白するまでやりきると決めて、

過程を楽しむ。これが結果として

彼女を作る近道になるのです。

 

ですから、ぜひ今日から結果では

なく過程に拘るように意識を

変えていってください。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

24年間童貞の根暗。介護士として働き始めてから誰にも看取られる事なく亡くなっていったおじいさんを見て、このままではセックスも結婚も出来ず、寂しい人生になると危機感を抱き一念発起。 職場で一番モテる派遣のおじさんに恋愛テクニックを教えて貰い、職場の美人の先輩を見事口説き落とす。 その経験を生かしブログで恋愛経験0の童貞からでも、セフレや彼女を作れるようになるために必要な情報を日々発信している。 今ではツイッターを駆使してセフレや女友達を増やし続けている一人前の出会い厨。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ