加齢臭とは違う30代男性特有の臭いとその解決法とは

多くの男性が抱える体の悩みと

いえば、髪の毛とメタボと体臭

です。

 

 

この中でも体臭は10代〜でも悩み

の種になるので厄介ですね。

 

 

ちなみに10代、20代が発する体臭

は汗から来る臭いで、その原因は

わきの下などの特定の部位にある

アポクリン腺だと言われています。

 

 

アポクリン腺から発せられる汗は

タンパク質や脂肪酸、アンモニア

などを含み

 

 

しかも蒸発しにくくべたつく性質

をもつ汗のため、ニオイを発する

原因となります。

 

よって、わきの下など皮膚が密着

するような部位は指先の腹を

使って洗浄したり

 

 

つま先は指の間まで念入りに洗う

ことが大切です。

 

 

体の隅々まで全部念入りに洗うの

はしんどいかもしれませんが、

 

 

体にもニオイやすい部分とそうで

ない部分があるように、肌と肌が

密着するような、

 

 

ニオイやすい部分を特に念入りに

洗うようにしてニオイの原因を

除去しましょう。

 

30代からの臭いの元とは?

 

30代以降になると、皮脂の酸化

により「30代男性特有の臭い」

が発生するのが株式会社ライ

オンの研究で明らかになりました。

 

ー引用開始ー

ライオンのビューティケア研究所は、

30代男性に特有のニオイが、

ペラルゴン酸(ノナン酸)に

起因することを突き止めた。

 

 

ペラルゴン酸は、使い古した

食用油に似た独特の臭いを

発する飽和脂肪酸

 

 

また、臭いが発生するメカ

ニズムの解明や、

その抑制成分の開発にも成功した。

 

 

同社が30代の男性を対象として、

いつが“男の曲がり角”に当たるかを

聞いたところ、

 

 

体臭が強くなる」時期を挙げ、

年齢は34・7歳であった。

 

 

また、30歳代男性の約5割が、

自分の臭いを気にしていること

も分かった。

 

 

そこでビューティケア研究所は、

30代男性が変化したと感じる

臭いの原因物質は何か

 

 

さらに発生メカニズムや抑制

方法について解明を進めた。

 

 

今回の研究では、男性の体臭が

どのように変化するのかを

明らかにするため

 

 

10〜70代の男性148人が

14時間着用したTシャツから

 

 

腋と体幹部(胸・背中など)における

臭気の強さ、臭気の不快度、臭いの質

を専門の研究員が評価した。

 

 

臭気の強さと臭気の不快度には、

年代による違いは認められなかった。

 

 

しかし、臭いの質という面では、

30代男性の体幹部には独特の

油っぽい臭いのあることが分かり

 

 

これは10代男性の臭いや、加齢臭の

原因物質であるノネナールとは

明らかに異なっていた。

 

 

そこで研究グループは、臭いの

原因物質を特定するため

 

 

30代男性が着用したTシャツから

臭い成分を抽出・濃縮して微量分析

を行い

 

 

30代男性に固有の臭いを特徴づける

物質が、ペラルゴン酸であることを

明らかにした。

 

 

30代の男性は皮脂分泌量がピーク

にあり、体幹部には皮脂腺が

数多く存在するため

 

 

研究グループは「体幹部から分泌

された皮脂が酸化され、一部が

ペラルゴン酸に変化した」

と推定している。

 

 

研究グループでは、約90種類の

抗酸化物質について、皮脂の酸化

抑制効果を測定し、

 

 

「メマツヨイグサ抽出液」が高い酸化

抑制作用があることを見出した。

 

 

また、30代男性にメマツヨイグサ抽出液

を使用し、臭気抑制効果を示すことも

確認した。

 

 

メマツヨイグサ抽出液はポリフェノール

を豊富に含み、抗酸化作用、抗炎症作用

美白作用などを有することが知られている。

 

 

そのため、化粧品原料などに用いら

れているが、体臭の発生を抑制する

作用があることを確認したのは

今回が初めてだ。

 

 

同社は今回の研究を応用して、30代

男性に向けた商品の開発を進めており

来春の発売を目指している。

 

ー引用終わり

引用サイト…薬事日報

引用ページ…【油クサイ!30代男性】原因

物質はペラルゴン酸‐ライオン研究所が解明

 

 

つまり、30歳代男性特有の臭いと

いうのは、ペラルゴン酸という

物質です。

 

 

体幹部から分泌された皮脂が酸化

したことによる飽和脂肪酸の一種

で、2008年に特定された加齢臭

とは別の物質です。

 

30代男性はどこから臭いやすいか?

 

皮脂分泌が多い部位から飽和脂肪酸

は発生しやすく、

 

 

特にわきの下背中などの皮脂

汗腺が多い体幹部に集中している

ため、そこから臭いやすくなります。

 

 

加えて、耳の周辺も皮脂がたまり

やすい部位のため、

 

 

耳の裏側や首筋なども臭いを発し

やすい箇所です。

 

 

よく枕からオヤジ臭がすると言わ

れて凹む男性がいますね。

 

これも耳元から発生するペラルゴン

脂肪酸がその一因でもあります。

 

 

耳の裏側のあたりは普段の入浴で

意識しない限りは洗うことはない

部分なので、

 

 

気づいた時には…なんてことが多々

ありますので、臭いが発生する前に

洗うようにしましょう。

 

 

毎晩の入浴時に丁寧に洗うことを

心がけるだけで充分です。

 

汗や皮脂の予防

 

では、汗や皮脂の臭いを予防する

ためには何をすべきかというと

 

 

基本は洗浄です。

 

 

具体的には、ただ毎晩体を洗うので

はなく、わきの下や胸、背中を丁寧

に洗い、臭いの原因を除去すること

が肝心です。

 

 

逆に、ゴシゴシこすると皮膚が炎症

を起こすので力加減には注意しましょう。

 

 

たとえばゴシゴシするのではなく、

わきの下であれば、指の腹を

使って優しく洗ったり、濡れた

タオルで拭き取る方がベストです。

 

 

あと、洗剤料も洗い残しがない

ようにしましょう。

 

 

以前の記事でもお伝えしましたが、

洗顔のときに髪の生え際やあご、

首元に泡が残ってしまうと

 

 

それが肌荒れやニキビの原因に

なってしまいます。

 

※関連記事

肌を傷める体の洗い方と肌をきれいにする体の洗い方とは

 

ボディーソープはいい香りがします

が、その香りを残すようにササッと

洗い流すだけにしている場合は、

 

 

シャワーをしっかり浴びるか、

湯船に浸かって洗剤料を完全に

洗い流せるよう、洗い方を改めて

いきましょう。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ