清潔感のある男になれる洗顔方法とは!?

男の肌が荒れる原因とは!?

 

以前肌荒れとその改善方法に

ついての記事をあげたところ、

 

 

読者さんから洗顔の時に注意

すべき点について

 

 

問い合わせがありましたので、

記事にして返事と致します。

 

なぜ洗顔料が必要か

 

そもそも洗顔料を使う理由は

肌は自らの力で汚れを落とす事が

できないからです。

 

 

特に10代や20代は過剰に分泌

している皮脂や、肌に付着した

タバコの煙や排気ガスなど、

 

 

肌についた様々な見えない汚れ

が肌にベトベトについています。

 

 

 

この汚れを落とし清潔感のある

肌を維持するために洗顔料が

必要なのです。

 

 

そして、この洗顔料をただ使う

より2倍、3倍、4倍…も効果が

得られる美肌アイテムを紹介します。

 

 

スキンケアを行うとき、必要最低限

として用意してほしいです。

 

 

これを使えば、あなたの肌から

みるみる清潔感が周囲に広がります。

 

 

そのアイテムとは

 

泡立てネットです。

 

泡立てネット

 

泡立てネットで洗顔料を泡立て

るようにするのです。

 

 

一般的には泡をつくるときに

「もこもこした泡をつくるために、

タマゴを包み込むような動作で…

 

 

と説明されていますが、正直面倒

じゃないですか?

 

 

泡立てネットなら何も考えずに

良質の泡に仕立てることができる

のです。

 

 

洗顔のときの湯の温度は?

 

洗顔のときに注意すべき点は、

お湯の温度です。

 

 

熱過ぎても冷た過ぎても肌を

刺激してしまうため、

 

 

気持ちいいと思える程度の

ぬるま湯で洗い流すように

しましょう。

 

洗顔料も使い過ぎは肌を刺激し

逆に傷めてしまうので、朝は

洗顔料を使わないように

しましょう。

 

 

就寝前に塗った保湿クリームや

就寝中の皮脂が気になるかも

しれませんが、朝はぬるま湯で

洗顔しましょう。

 

 

なぜ、洗顔料などで洗いすぎると

逆に肌に悪いかというと、

 

 

洗いすぎることで、肌がかえって

乾燥したり、過敏になってしまう

からです。

 

 

症状としては、

 

顔が赤い

 

肌がヒリヒリする

 

小鼻の横がかぶれている

 

ことが挙げられます。

 

もしこうした症状が現れるようなら

洗顔の方法に肌荒れの原因があり

ますので、改善するようにしましょう。

 

 

もし、朝どうしてもべたつきが多い

皮膚の箇所がある場合、

 

 

べたつきのある部分だけに洗顔料

を使うこともありです。

 

 

顔は部位によって、皮脂分泌量や、

皮膚の暑さが異なります。

 

 

洗顔料を部分的に使うことで、

余分な皮脂やべたつきだけを

取り除くことが可能になり、

皮膚に負担をかけずにすむのです。

 

 

最後の注意点ですが、顔を洗う前

には手を綺麗に洗いましょう。

 

 

以外と手の汚れが顔に移り、

清潔感を損ねるケースが多いからです。

 

 

どの部位から洗い始めたらいいか?

 

朝洗顔はぬるま湯のみで洗顔

でいいですが、

 

 

夜は皮脂や環境ストレスによる

汚れを洗い流すために、洗顔料

を使いましょう。

 

 

どこから洗い流すかについては、

テレビのCMでよく女優が頬から

洗い流していますが、あれは

間違いです。

 

 

頬は皮膚が薄くデリケートなため

洗うのは一番最後になります。

 

 

洗い始めは、

皮脂が多い額や鼻のTゾーンから

 

指先に圧を加えるように注意しな

がらくるくると小さい円を描く

ようにして洗います。

 

 

小鼻の横は皮脂汚れが溜まり

やすいので、鼻を伸ばすよう

にして洗いましょう。

 

 

ここで力を入れすぎてゴシゴシ

洗うと摩擦により赤みを帯びて

しまったり

 

 

ひどい場合は皮膚がむけて

しまったり、肌荒れの原因に

なるからです。

 

 

小鼻の黒ずみが気になる場合は、

丁寧にやさしく洗浄していけば

次第に黒ずみは目立たなくなります。

 

 

具体的にどうやって優しく洗うのか

というと、指で洗うというより、

泡で泡るように意識するとイメージ

がしやすいかと思います。

 

 

洗顔の時に絶対やってはいけないこと

 

洗顔時に一つ絶対にやってほしく

ないことを言います。

 

 

それは指先で肌をこするように洗う

ということ。

 

肌は摩擦に弱いため、汚れを落と

したいからとゴシゴシ肌をこする

ように洗うと、

 

 

肌は赤く炎症を起こしてしまいます。

 

 

だから洗顔の時は、絶対にこすって

洗い流さないようにしてください。

 

 

泡を洗い流す時は、ぬるま湯を

顔にかけるようにしてすすぐ

だけで充分なのです。

 

 

髪の生え際、耳周辺、顎の下

あたりは洗い残しが残りやすい

のでしっかり洗い流せたか

確認するようにしましょう。

 

 

洗顔料が肌に残ってしまうと、

それが肌へのダメージとなり

ニキビを誘発する原因となります。

 

 

肌荒れの原因が、洗顔料やシャン

プーのすすぎ残しだったという事

は少なくありません。

 

 

洗顔後はタオルを肌にあてる

ようにしながら、

 

 

やさしく水滴をタオルに吸収

させます。

 

 

この時も油断せず、肌をこすらず

にふくように心がけましょう。

 

 

以上が、清潔感のある肌男になれる

洗顔方法です。

 

 

今日から行うようにしましょう。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

ただ体を洗うだけでは「清潔感がある男」になれない本当の理由とは

24年間童貞の根暗。介護士として働き始めてから誰にも看取られる事なく亡くなっていったおじいさんを見て、このままではセックスも結婚も出来ず、寂しい人生になると危機感を抱き一念発起。 職場で一番モテる派遣のおじさんに恋愛テクニックを教えて貰い、職場の美人の先輩を見事口説き落とす。 その経験を生かしブログで恋愛経験0の童貞からでも、セフレや彼女を作れるようになるために必要な情報を日々発信している。 今ではツイッターを駆使してセフレや女友達を増やし続けている一人前の出会い厨。

アフィリエイト
 

公式ラインに登録すると登録者限定電子書籍プレゼント🙌

 

公式ライン登録はこちらをクリック

 

コメントを残す

このページの先頭へ